大石さんのツイートがキッカケで、文字飲みを企画。
調整くんを使ったりしながら、なんとか開催日決定。

FacebookやTwitterで告知を行い、人数を考慮しながら
ゆるゆると文字飲みができる会場探し。


写植の時代展もじもじカフェでもお世話になった、夢屋さんにお願いしました。

ただ、ちょっと分かりにくい場所なので、
当日、入り口のドアに貼り紙をしてみたのですが、迷う人は迷います(汗)
IMG_0725.jpg

少し早めに会場に入って、プロジェクターとMacを繋いで調整。
PB150784.jpg


みんなが集まったところで、へっぽこ幹事による乾杯の挨拶。
鍋を食べながら、暫し雑談。


少しお酒が入ったところで自己紹介を兼ねて、持ってきた本や好きな書体の紹介。
(どういう訳か散髪ネタがバトンのように続く現象が発生…)
PB150796.jpg
(僕は自己紹介いいやろと言いながらな話してくれた大石さん)


折角なので持ち寄った本をテーブルに並べて、気になる本を拝見。

PB150801.jpg
真性活字中毒者読本と一家に一冊の組版原論
PB150805.jpg
(ちょっと気になる汉字的诱惑赵佶…Amazonで買うか現地で買うか悩むところ)


mottainaiDTPの照山さんによる
5分で分かるGlyphsでdlig・calt」では資料まで準備していただいて感激(TT)
(活用させていただきます!)

ƹɒTさんが作成した「Delicious Bean Daifuku」の紹介が終わったところで
あっという間に3時間経過。

次の日が仕事ということもあって、早めに解散となりました。
(週末を全力で楽しんだ反動が次の日に来たのは内緒ですが…)


----------------
へっぽこ幹事ですが、また何かできればといいなと考えています。
今後ともよろしくお願いします。m(__)m




 

少し前になりますが、猫好き憧れの島、男木島に行って
猫充電してきました。


男木島は高松からフェリーで40分。
朝6時前に家を出て、10時台に島に上陸。関西から意外と近いなという感じ。
20949033274_d8c90252a6_o.jpg

港から1分のまりも荘に荷物を預けにいったら、
係長という猫が出迎えてくれました。

(カメラに近づきすぎな係長)

村上商店で地ダコ入り焼きうどんを食べていたら、テーブルの下に猫。
特に食べ物をねだるわけでもなく、一定の距離感。
P9191415.jpg
P9191412.jpg
(店の方曰く、この三匹は親子とのこと)


店のおばあちゃんと雑談をした後は、島内を散策
路地に入った途端に猫に遭遇。
今まで行った猫島より猫に出会えそうでテンションがあがります。
これ以上近づいたら逃げられるかもと思いながら、慎重に近づいてみます。
(ドキドキ)
P9191430.jpg
21570419355_cb74d2ef0e_o.jpg

海岸沿いを歩いていると、次々に猫に出会います。
どうも、たまり場のようで、20匹ぐらいには会ったかと。
IMG_0445.jpg


人に慣れているせいか逃げないけど、愛想を振りまくわけでもなくマイペース。
餌をもらえると思うらしく、ビニールの音がすると猫が飛んできます。

特に何かしたわけでもないのに、
いきなり現れた猫が靴を枕にして寝始めて動けない(><)
うれしいけど、足がしびれる…。
IMG_0456.jpg

動く気配のない猫さんには詫びを入れて、
宿に戻る途中で、男木島図書館の看板。

中を覗いてみると、数人の人たちが作業してはりました。
進捗状況はよくわからなかったけど、次に来た時には完成しているといいな。
P9190253.jpg

ウロウロしながら宿に戻ったものの、晩御飯まで時間があったので、
係長に挨拶をして
島一番のビュースポットは豊玉姫神社へ。
急な坂を登っていくと、猫たちがお出迎え。
P9190280.jpg
20948859584_47499bf0b6_o.jpg

湿度が低くく、気持ちいい風がふいているせいか、猫ものんびりしています。

こういうところに住んでみるのもありかなっと…海を見ながらボーっとしていたら
かなり蚊に刺されてしまいました(TT)
20948789814_ab1412fb40_o.jpg

[男木島編 其の弐]に続きます)
 

年が明けてから(正確には昨年からかも…)バタバタしながら、
合間に何かしたいと思っていたら、10月になっていました汗

「そういえばなんか賞もらっていたよね?」と言われて
7月のツイート以来(?)
サイトをのぞいてみたら、5文字のフォントコンテスト
200作品近い応募作品のほぼ全部がフォントもで公開されていました。
(気がついてなくてすみません…大汗)

5文字を選ぶのに悩んだ時間が多かったなとか
これ文字?っと思いながら、観察するのは楽しい時間です。



自分が応募したれもんは、今作ろうとしているフォントとは方向性が違いますが
いろいろ考えることができた、いい機会だったと改めて思いました。m(__)m

さてと、頑張りますよー(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

マチオモイ帖の大阪展が終わって、数ヶ月…。

友人からどうやって「カシワラ帖」を作ったのと聞かれ、
「InDesign!笑」と答えておいたものの
次回作(?)のためにも、一番苦心した製本について振り返ってみます。


IMG_8132.JPG
実は、急いで製本したせいか…展示中にパキッと壊れてしまいました。

急遽、予備で作っていたものと差し替えたものの
会期中にまた壊れるかもと…作りなおすことに(><)

約160ページの紙をしっかり固定できるように、
木工用ボンドを製本用ボンドに、
開きやすいように、背の部分を布に変更。

IMG_8131.jpg
(布を買いに行った店の中で迷子になりかけたのは内緒です…)


図書館で借りておいた本をもう一度読み直し、B7サイズの本に
合う表紙台のサイズを探ります。

IMG_8048.jpg
(今回お世話になった3冊)

IMG_8070.jpg
(花ぎれをつけると、本らしく見えてきます)

IMG_8134.JPG
紙で試作品を作り、イメージを固めてから一気に仕上げます。


19089230979_194b41e046_o.jpg

当初(Ver1.0)のハードカバーから、
試行錯誤して変更した 補強板(Ver1.5)は、

背と表紙の部分が 別のパーツになっているドイツ装で、気持よく開きます。


ページ数を減らして、中綴じにすれば、今回のようなトラブルは
回避できたかもしれませんし、印刷会社さんにもお願いできたと思います。
(マチオモイ帖で提出するのは3冊)


昼の景色から、夜の景色になるとか
ちょっと変わった開き方に挑戦したかったもので、自作に拘ってみました。

19249260666_522e770c3c_o.jpg
19279240301_7f29173d69_o.jpg


ドイツ装で製本したものが、手元に1冊もないので、
マチオモイ帖の巡回展などで元気な姿を確認したいところ。

もし展示会場で見かけたら、手にとっていただけると嬉しいです。m(__)m


追伸:
今のやり方では1冊作るのに1、2日かかるので、製本のことを勉強して
次回作はもっと早めに取り掛かります汗
 


7月16日(木)〜7月19日(日)の

アビィ企画グループ展 books展6に展示する、
2冊の写真集を作りました。

4日間と、開催期間は短いですが、
なにかのついでにでも寄っていただけると嬉しいです。


会 場:ギャラリー・アビィ
最寄駅:地下鉄堺筋線長堀橋駅 →アクセスマップ
時 間:12時〜19時半



今回、組継ぎ本での制作も考えたのですが、ネットで頼めるフォトブックが
どんなものか試してみたくて、しまうまプリント‎とPhotoback‎にオーダーしてみました。

フォトブックのサイトが色々ありすぎて悩みましたが、
レイアウト、価格とスピード重視で決定。

IMG_9650.jpg
(BEPPUは1冊しか作っていないので欲しい方が居られたら増刷します)


IMG_9651.jpg
(猫写真集は会場でも購入できます)

プリンターを使って製本するのとは違うな〜と届いた写真集を何度も確認。
PDF仕上げの仕事をよくやっているせいか、


やっぱり紙っていいなと再認識したり。




組継ぎ本展示会に出す作品、早めに考えなきゃ、うん。
 

詳しいことは知らないのですが、
家の人がショップの車でジムカーナに出ているので、
ちょっと応援しに岡崎まで行ってきました。

ちなみに通常の参加とは違って、
エントリー代、ガソリン代、高速代はショップ持ちとのこと。


朝の3時台に起きて
ショップ経由で会場に到着したのは、7時。(…普段なら寝ています)
別の車で駆けつけてくれたショップの方が、慣れた手つきでタイヤ交換。

P6141387.jpg


受付でもらったゼッケンを貼っていきます。
P6141388.jpg


必要なものだけを残し、荷物をおろすと、
家のアルトと違って、新規格対応の軽自動車のせいか、結構広い感じ。
P6141404.jpg


助手席の足元には自宅の車と違って消火器まで装備。
P6141411.jpg


市販車と何処が違うのかなっと、休憩時間に中を覗く。
P6141414.jpg
P6141415.jpg
P6141417.jpg
P6141412.jpg
P6141407.jpg

何かと変わってる感じ?!







肝心のレースの方は、カテゴリー(クラス)で3位でした。

使い慣れているマシンじゃないという条件でどう成果を出すのか
いい機会と思う一面、ハードル高いなっと思う1日なのでした。

 

先日、アビィ企画グループ展のそれぞれの生活2015の準備に、お邪魔してきました。

今年になってから何度か出展させていただいているのですが、
これまで、ほかの方にお会いしたことがなくて、

ドキドキしながら肉球(?)でセロテープを切ってました。
(別名:借りてきた猫状態)


IMG_9019.JPG
(奥に見えるものは写真をつなぐための秘密兵器です)

IMG_9018.JPG
(2Lサイズの写真の束)



3月3日・4月4日・5月5日の3日間に撮影した
全国各地と海外から集まった56名による写真、約1000枚が
撮影時間で並べられ、5月20日〜5月31日の2週間展示されます。



自分も数枚出展していますので、お近くにお越しの際は寄っていただけると嬉しいです。
どう展示されるのか、最終形を見れていないので自分も会場に行くまでドキドキなのですが(汗)




なお、5月24日(日)17時から10周年のパーティが開催されるそうなので
ゆっくり見たい方は時間をずらすことをおすすめします。


会場:ギャラリー・アビィ
〒542-0081 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室






 

2015/4/8以降、AdobeのサイトからAcrobat XIが姿を消したけど
周りでは特に話題にも出ず…

皆さん普通に使われてるのかなっと少し気になったので
支障のない、家のMacにAcrobat DCを入れてみた。

Acrobat8、9時代の印象が強いのか、全体的には優しい色合いというか、薄い感じ。
どこかで濃くできないかと触っていると…




Microsoft SharePoint?、何それ、美味しいの?(笑)
wikipediaMicrosoftのサイトを見ている感じだと、法人向けのクラウドサービスみたい。


個人的には、管理者側からDocument Cloudとの
ファイル共有をできないように制限かけたいんだけど、

この手のサービス増えていくんだろうな。

DCっていう名前からして、一押し機能かもしれないが、
世の中、なんでもかんでもクラウドなんだろうか。


仕事で必要なものが、すべてそこに。


素敵だけど、ネット障害が起きたら、仕事にならないぞ。ゲホゲホ



あっ、Adobeのヘルプにも記載があるので、ご存知の方もいると思いますが

Creative Cloud 契約の方で、XI Pro をインストールする場合は、
ダウンロードページからダウンロードすればインストールできるようです。

(年末にサポートが切れるXもリストにあるんですよね…)





LETSが届いたら、ブログを書こうと思っていたら、大晦日になってしまいました。
(移動の都合で、電波の弱い海上に居たりするのですが…)



11月に行われた「書体の誕生展」。

祖父江さんと藤田さん、笑顔が素敵で、
好きなことをやるって大事だなと、お二人の話を伺っていました。


 

InDesignの文字組みをどうにかしたいと、
大阪DTPの勉強会で、宮地さん、大石さんの話を伺っているうちに、
フォントそのものに興味を持つようになったのは割と最近。

技術的な面、デザイン的なところ、文字の歴史。
いろいろな話を聞きたくて、セミナーに参加。

フォントに関わる人から必ず出てくる祖父江さんの名前。
ずっと、祖父江さんの話を聞きたくて仕方がなかったのです。


それが今年、2014年に叶った。



祖父江さんがメビック扇町に来ていただける話を聞いてからは
開催日までドキドキしながら過ごしていました。




プラモデルの腕前的にいけるはずと、
DTPerではない 家の人にも声をかけて、パネル貼りのお手伝いにも参加。


押さえる人、引っ張る人、大きい物は皆で慎重に作業。



切る係と貼る係に分かれて作業。


パネル貼りの作業は初めてでしたが、

紙版下の時代に生まれていたら、仕事になっていたのかな…とか
作業をしながらDTPの作業を振り返ってみたりと。


2015年、どんなイベントが開催されるか、楽しみにしながら
自分自身の課題を一つ一つ乗り越えていきたいと思います。





追伸:
次の年賀状は、自分のフォントとイラストで作ることを目標にしています。
(追い込まないとやらない性格もどうにかしないといけないのですが…)

Advent calendar素敵パッケージ(http://www.adventar.org/calendars/476)24日目の記事として書いています。



パッケージについて、振り返ってみたいと思います。

一般的には、パッケージデザインというと
化粧品など製品そのものを指すイメージがあると思いますが、
その形態はさまざま。

仕事で製品に同梱するマニュアルを作っていることもあり、
どういう風に同梱されるか気になるところです。

メーカーによって考え方は色々あると思いますが、
でも今の職場に辿り着くまで、側だけを見てました。
パッケージというより、梱包設計、
どうやって大事なものが壊れないように包むかを考えること。

何かものを導入するときには、製品の箱を開けて
どう梱包しているか記録に取るようにしています。

開けて終わりではなく、修理や返品など再梱包も考慮されているか
一枚で内装材が作られているかなど、見るところは盛りだくさん。



自分には解けないと思いますが、新人採用の試験は
生卵を割れないように梱包し、落としても割れないものを考えることだったとか。

おっちゃんに聞くと、どんな扱いをされて配送できるか分からないからと
何度も落として壊れない内装材の試行錯誤。

自分が子供だったころに比べて、できるだけ発泡スチロールを使わないようになってますし
コストとエコと作業性はシビヤなようで…


そんな話を聞いてると、おっちゃんみたいな職人業もいいなっと
憧れるのであります。


というわけで、お気に入りの箱はというと…靴の入っていたこれ。





小物を入れるのに便利だし、糊付けなしの構造なので、
使わない時は広げてペッタンコ。



(そういう箱が貯まって場所をとっているのは内緒ですが…)





 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

大阪DTPの勉強部屋

ブクログのミニ本棚

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーペ買いました。
    やも
  • auのiPhoneに変えました。
    ヒゲ
  • 温故知新〜サマースクールを終えて(2)〜
  • 猫散歩
  • 久しぶりのスパ@名古屋
  • ぴょん
  • やけ酒ちゅ
  • 気がついたら・・・
    通りすがりのひと
  • ネットスーパー
  • うどん。
    やす

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM