東北に行ってきました[其ノ弐] #気仙沼からのつづきです。


猫で有名な田代島に渡れる網地島ラインは、9時、12時、15時半の1日3便。
朝一の便に乗ろうと思い、フェリー乗り場近くのTAMA HOTELに宿泊。

新聞を読もうとすると、猫が新聞の上にのるお約束な光景を見ながらの朝ご飯。
営業部長のタマは不在でしたが、オーナーさんが猫たちを紹介してくれました。

Untitled
(邪魔と退かされた後のマーブル)


宿を出て乗り場を目指すものの、前日同様、工事中の道が多く迂回を繰り返して、なんとか到着。
料金表を見ていたら、「猫見にいくんなら、仁斗田だよ」っと乗り場の人に教えてもらい往復切符を購入。後から来る人も猫目当てのお客さんが多いようで、同じようなやりとりが繰り返されていました。

Untitled
Untitled
(長渡をふたわたしと読むんですね…)


40分かけて、田代島の仁斗田港に到着。
他の団体に混じって、英語や中国語の会話を聞きながら、猫の写真を撮ります。

Untitled
(スルメをもらって困惑する猫)

Untitled
(なにかを探してる猫)


Untitled
Untitled
(大家族)


一匹派より、団体生活派の方が多いのかな?と撮影した画像を整理していたら、猫が座ってました。(荷物チェックまでされるし…)

Untitled
Untitled


観光客以外に歩いている人はほとんどなく、出会うのは猫ばかり。
マイペースな子、人懐っこい子、警戒心の強い子。
住居周辺に居る子は餌がもらえている感じ。

Untitled
Untitled


猫っぽい文字に誘われて猫神社へ。

Untitled
Untitled
Untitled
Untitled



ここまで来たならと、少し足を伸ばして大泊港へ。
人影もなく、黒い袋が目立ちます。
Untitled


鹿島神社に行こうと長い階段を登っていると、かわいい声を出しながら、猫がついてきます。餌持っていないよと言っても聞いてくれません。

Untitled
(この後、YouTubeの動画飛び猫写真展で見かけたので有名人かも)



お腹が空いたものの、島ではご飯を食べれる所がないので、14時過ぎの出航時間までひたすら歩き、石巻に戻ってから遅めの昼食を食べたのでした。

Untitled
三浦屋さんの石巻焼きそば美味しかったです)


 

東北に行ってきました[其ノ壱] #文字からのつづきです。


自分の目で震災後の東北を見たいと思い、盛岡から下道で太平洋方面をまわりながら、石巻を目指しました。

自分が住んでいる街より東に位置しているせいか、天気が悪かったせいか、16時台なのに真っ暗な空。
街灯のない山間部の道をひたすら南下していきます。

暗くてはっきり見えないけど、何もないんだと、陸前高田の市街地を通過。
陸前高田から気仙沼へ行く道路沿いには、仮設住宅、新しく建てられた感じの工場を見かけながら、何度も出てくる津波浸水区間の標識。


買い物で寄ったスーパーの階段を登りながら、震災時、ここまで津波が凄かったのかと、普段意識していないことを反省。

Untitled


気仙沼で晩御飯を食べようと、地元で人気のある丼の芝楽さんへ。
塩カツ丼やチャレンジメニューのデカ盛りも気になりながら、ネーミング的に気になった「まぁいっか丼」

Untitled

お酒に合いそうな、イカの刺身をキムチとマヨネーズで和えたシンプルな丼でした。
食後、壁に貼られたメニューを見ていると「シャークナゲット」と見慣れない文字。

後で調べてみると、シャークナゲットは気仙沼っ子おなじみの給食メニューだそうで、また来なきゃとココロに誓うのでした。(๑•̀ㅂ•́)و✧




それから石巻へ向かう途中、カーナビの案内する道がなかったり、工事中の道を迂回したら元の場所に出たりと、すこし不安になりましたが、なんとか宿に辿りつけました。


まだ時間がかかるかと思いますが,1日でも早く復興してほしいと願います。

 

少し前になりますが、東北に行ってきました。
キッカケは、小豆島の文字に文字展でもらった一枚のチラシ。

ミーツ・ザ・アーティスト 第1回「書体をつくる職人」
イベントの会場は盛岡。
でも、日曜日なら行ける!三陸も行きたい!っと
行きたいところを整理しながら、交通手段と宿を検討。
(ちょっと無茶かな?とか試行錯誤している時って楽しいんですよね)

帰りのルートを重視して、盛岡でなく仙台を軸にするプラン決定。
費用と移動時間を計算しながら、交通手段を予約。


1日目
Untitled 

Type&終了後、東京から仙台へ。
初めて乗る東北新幹線にドキドキしていたら、あっという間に仙台到着。
前日、夜行バスで東京に移動したこともあり、宿に着くなり爆睡Zzz…。



2日目
Untitled

レンタカーを借りに行くと、そこにはロードスターがスタンバイ。
乗りたいと家の人が新型&MT車を予約していたらしい…。
オープンで東北の高速道路を走るには少し寒かったですが、いい思い出。


仙台から盛岡までの約180km、特に渋滞もなく、早めに着いたので、
岩手県立美術館のレストランで早めのランチ。
食後、美術館の中をウロウロしていたら、鳥海さんが来られたのでご挨拶。
(お連れの方に、こっちの人?って聞かれて、大阪ですと返したら驚かれました…)

Untitled 

高速を走っていて、ずっと「岩」の字が気になっていたので、
駐車場で岩手ナンバーを撮影。
(山もいいのですが、特に石がかわいいなっと)


Untitled

始まるまで少し時間があったので、周辺をのんびりと散策。
盛岡駅から歩けるぐらいの距離と思えないほど、自然が豊か。

会場に戻ると、会場は人がいっぱいで一番前には座れませんでした。泣



大阪DTPの勉強部屋で開催された文字塾和文と欧文などで、
何度か話を伺ったことがありましたが、 いままで聞いたことがない内容。

前日のType&とも違いました。
詳しい内容は、魔女菅原さんがブログにまとめられていますので、そちらをご覧ください。

途中、デッザンの話で、「カルトン、知ってる人います?」って
鳥海さんが質問したとき、手を上げた人が少なかったのですが、

鳥海さんの実演中、定期的に前後の列が入れ替わったり、熱心に質問する人が多かったことが印象的でした。

Untitled

(質問に答えながら実演中)


初めてきた場所というのもあると思いますが、

様々な人が扱う文字という視点的にも、

赤ちゃんを連れた方から年配の方まで、様々な方がいる中で話を聞けたのが、新鮮でよかったです。



東北に行ってきました[其ノ弐] #気仙沼につづきます)
 

以前はMac環境でQuarkXPressを使用していたのですが、
Windows環境に移行してからは、
AdobeのCreative Suite 3(CS3)をメインに。

しかし、多忙な時期とか、一時的な応援をお願いしたくても、
今では、もう手に入らないパッケージ版。
Cloudに移行したいと思っても、使えている以上
費用効果など、説得力に欠けます。


そんな中、増員が決まり、作戦を練ることに。


1.導入に向けての説明会実施
今年のはじめ、単純に最新版を追加購入しても
互換性的に無理があること、
Adobe Creative Cloudにかかる費用とCS3ユーザーの特典(PDF)について
同僚や上司に対して説明会を実施し、
Cloudに完全移行することを納得してもらいました。

セミナーで聴いたことやネットにある資料を参考に説明しただけだったのですが
上からはAdobeの営業か?と言われてしまいました。
(認めてもらったと前向きにとらえています)


2.グループ版IDと見積
いきなり全員をCloudに移行するのではなく、まず自分が先行で導入し、
グループ版にメンバーを追加する形に。
契約したIDに追加する場合、契約期間が途中からになるので
CS3ユーザーの特典(2年特別価格)が活かせません……。
(追加する場合は、相見積できませんし…)

詳しい方に教えてもらい、管理的には面倒ですが、一旦IDを複数にし、
更新のタイミングで将来的に統合することしました。
調べていたら、過去に3年特別価格もあったようです。
タイミングの問題もあると思いますが、グループ版の情報って少ない気がします。
(ライセンス数が多い大手は大変ですね)


3.使用するバージョンの決定と固定
これまで使ってきたのが、CS3だったというのもあり、
いきなり最新版にするのはやめ、一番下のCS6に決めました。

バージョンダウンに比べて、アップはまだマシと考えたのもありますが、
DTPの勉強会でも、CS6移行を使用されている方は
あまり居られないというのも決めた理由の一つです。

グループ版では、管理者用のAdobe Creative Cloud Packager
バージョン指定してインストラーを準備できるようですが
自分の環境には合わなかったのか、エラー表示も出ずツールが終了してしまい
通常のやり方でインストールを行いました。

ボーンデジタルさんの PACKAGERの使い方(WINDOWS編)の情報以外で
何かいい方法をご存知の方が居られたら教えて欲しいです。




思わず押したくなるアップデートボタンですが、
Acrobat DCが出たときにアップデートしてもいいことないよっと
言ったおかげ(?)か、
最新版の方がPC的にも動作が……と思われているのか
今のところ、バージョンの統一はできています。
(ライセンス管理している画面から使用しているバージョンも
確認できると嬉しいのですが…)



無意識に違うバージョンで作業して、無駄な時間が発生するのはと思いつつ、
Cloudになって、増員やメンバーの入れ替えとかに対応できるのは便利です。

CS3にはなかった、CS4以降、Windows版だけ現れるHWNDBasedPanelView(?)で
作業が止まるのがどうにかならないかと思いながら、当面はCS6で作業しながら
今後のために、別PCで最新版を試していきます。


 

今年の写真 #TYPAC2015 Advent Calendar 2015
12/21(月)担当のtomochan1974です。 


親のカメラとか、写るんですとか、なんとなくだった写真。

オリンパスのE-PL5を購入して以来、意識して写真を撮るようになり、

今年の初めに参加した新年会がキッカケで、ギャラリー・アビィさんの
グループ展に出展してみました。

同じテーマで出展された他の方々の作品を見るのが、凄く刺激的で
気がついたら、6回参加していました。




初参加の夜のスケッチ●10(2.4--2.8) 
P1110103

2回目は、ラーメン展(2.18--2.22)
美味しいラーメンは美しいと、作るときも食べるときも、
ついこだわってしまうのです。
IMG_5095


猫の手も借りたい☆5(3.4--3.8)
どこに居るんだろってぐらい景色に溶け込む猫たちの写真。
P5311928


黒白冩眞展覧会●拾(3.18--3.22)
昔フィルムカメラで撮ったものをスキャン
20150314

10周年記念特別展示「それぞれの生活2015」(5.20--5.31)
歩いていて、気になったものを撮ってみました。



books展6(7.16--7.19) 
BEPPUPhotobackサイト閲覧できます
P1270781


今年最後は、12/25(金)〜12/28(月)に開催される
第9回ギャラリーアビィ・オールスターズ戦に初出展します。

どんな作品が観れるのか、楽しみ。

今回は、来場者(出展作家含む)による人気投票と
Webでのメール投票がありますので、応援よろしくお願いします。


会場:ギャラリー・アビィ
〒542-0081 大阪市中央区南船場2-2-28 順慶ビル212号室



 

image

酒🍶 Advent Calendar 2015 12/6(日)担当のtomochan1974です。 

寒さより、何かと急ぎが増える状況に年末を感じる日々。
やりたいことをどこで消化しようと思いつつ、忘年会で週末が埋まります(爆)

今年初めての忘年会は、京都文字塾の忘年会。

駅から少し歩いただけなのに、会場のおうちごはん 中島家さん周辺は、
町家が多く、落ち着きのある雰囲気。

image

何度か、京都に通っていますが、おばんざいのお店に入ったのは初めて。

美味しい、おばんざいをいただきながら、文字の話をしていたら
あっという間に終電の時間になっていたのでした。


明日の担当は、aiooxxさんです。

 

[男木島編 其の壱] からのつづきです)

宿に戻ると、晩御飯の時間。
初めましてと挨拶しながら、宿泊者全員と乾杯。
1つのテーブルで食べていると、親戚の家にでも遊びに来た感じ。

暫くすると、漁師さんや地元の人達がやってきて、晩御飯が宴会に発展。
「鰯食べる?じゃあ、持って来るよ」
「鰯の刺身、旨いやろ?じゃろ笑」
IMG_0472.jpg
(漁師さんが持ってきてくれた鰯)

「穴子食べる?じゃあ、持って来るよ」
「新鮮な穴子を食べたら、鰻食べれんことなるよ笑」
「刺身にしてもいいけど処理が面倒なんで、素焼きにしたよ」

そんな感じで、
漁師さんが何度も宿と船を往復してくれて、
〆は蛸、シャコをご馳走になりました。

おかみさんから
島に泊まらんと見られない夜景を、今のうちに見ておいで
気まぐれでライトアップ早く終わるときがあるよっと

声をかけてもらって、港の交流館へ。(徒歩1分!)
IMG_0473.jpg
(少し離れた岸壁付近で、海蛍がキラキラ光っていました)

宴会は日付が変わるまで続きましたが、
なんとか次の日起きれました。(ふぅ)


灯台を見に行こうと、自転車を借りて、そのまま男木島を一周しようと
頑張ってみたもののジャングルのような道を登って行けず、挫折…。

IMG_0488.jpg
(google先生的には道らしいです…)

港に戻って早めのランチ。
揚げたてのタコ天とビール最高!
P9200328.jpg


次のフェリーが来るまで少し時間があるので、
また島を散策することに。
日差しが強かったせいか、猫たちはみんな日陰に居ました。
P9200333.jpg
(係長という名前の猫)
IMG_0501.jpg
(島では貴重なバイク?)

P9200347.jpg



猫目的で行った男木島でしたが、島の歴史、タコ漁やその流通とか、
地元の人と話せて楽しかったので、
来年の夏にでも、またまりも荘に行こうと思います。



(宿の方に春先まで営業しない理由を伺ったら、寒いのが嫌とか…)

 


大石さんのツイートがキッカケで、文字飲みを企画。
調整くんを使ったりしながら、なんとか開催日決定。

FacebookやTwitterで告知を行い、人数を考慮しながら
ゆるゆると文字飲みができる会場探し。


写植の時代展もじもじカフェでもお世話になった、夢屋さんにお願いしました。

ただ、ちょっと分かりにくい場所なので、
当日、入り口のドアに貼り紙をしてみたのですが、迷う人は迷います(汗)
IMG_0725.jpg

少し早めに会場に入って、プロジェクターとMacを繋いで調整。
PB150784.jpg


みんなが集まったところで、へっぽこ幹事による乾杯の挨拶。
鍋を食べながら、暫し雑談。


少しお酒が入ったところで自己紹介を兼ねて、持ってきた本や好きな書体の紹介。
(どういう訳か散髪ネタがバトンのように続く現象が発生…)
PB150796.jpg
(僕は自己紹介いいやろと言いながらな話してくれた大石さん)


折角なので持ち寄った本をテーブルに並べて、気になる本を拝見。

PB150801.jpg
真性活字中毒者読本と一家に一冊の組版原論
PB150805.jpg
(ちょっと気になる汉字的诱惑赵佶…Amazonで買うか現地で買うか悩むところ)


mottainaiDTPの照山さんによる
5分で分かるGlyphsでdlig・calt」では資料まで準備していただいて感激(TT)
(活用させていただきます!)

ƹɒTさんが作成した「Delicious Bean Daifuku」の紹介が終わったところで
あっという間に3時間経過。

次の日が仕事ということもあって、早めに解散となりました。
(週末を全力で楽しんだ反動が次の日に来たのは内緒ですが…)


----------------
へっぽこ幹事ですが、また何かできればといいなと考えています。
今後ともよろしくお願いします。m(__)m




 

少し前になりますが、猫好き憧れの島、男木島に行って
猫充電してきました。


男木島は高松からフェリーで40分。
朝6時前に家を出て、10時台に島に上陸。関西から意外と近いなという感じ。
20949033274_d8c90252a6_o.jpg

港から1分のまりも荘に荷物を預けにいったら、
係長という猫が出迎えてくれました。

(カメラに近づきすぎな係長)

村上商店で地ダコ入り焼きうどんを食べていたら、テーブルの下に猫。
特に食べ物をねだるわけでもなく、一定の距離感。
P9191415.jpg
P9191412.jpg
(店の方曰く、この三匹は親子とのこと)


店のおばあちゃんと雑談をした後は、島内を散策
路地に入った途端に猫に遭遇。
今まで行った猫島より猫に出会えそうでテンションがあがります。
これ以上近づいたら逃げられるかもと思いながら、慎重に近づいてみます。
(ドキドキ)
P9191430.jpg
21570419355_cb74d2ef0e_o.jpg

海岸沿いを歩いていると、次々に猫に出会います。
どうも、たまり場のようで、20匹ぐらいには会ったかと。
IMG_0445.jpg


人に慣れているせいか逃げないけど、愛想を振りまくわけでもなくマイペース。
餌をもらえると思うらしく、ビニールの音がすると猫が飛んできます。

特に何かしたわけでもないのに、
いきなり現れた猫が靴を枕にして寝始めて動けない(><)
うれしいけど、足がしびれる…。
IMG_0456.jpg

動く気配のない猫さんには詫びを入れて、
宿に戻る途中で、男木島図書館の看板。

中を覗いてみると、数人の人たちが作業してはりました。
進捗状況はよくわからなかったけど、次に来た時には完成しているといいな。
P9190253.jpg

ウロウロしながら宿に戻ったものの、晩御飯まで時間があったので、
係長に挨拶をして
島一番のビュースポットは豊玉姫神社へ。
急な坂を登っていくと、猫たちがお出迎え。
P9190280.jpg
20948859584_47499bf0b6_o.jpg

湿度が低くく、気持ちいい風がふいているせいか、猫ものんびりしています。

こういうところに住んでみるのもありかなっと…海を見ながらボーっとしていたら
かなり蚊に刺されてしまいました(TT)
20948789814_ab1412fb40_o.jpg

[男木島編 其の弐]に続きます)
 

年が明けてから(正確には昨年からかも…)バタバタしながら、
合間に何かしたいと思っていたら、10月になっていました汗

「そういえばなんか賞もらっていたよね?」と言われて
7月のツイート以来(?)
サイトをのぞいてみたら、5文字のフォントコンテスト
200作品近い応募作品のほぼ全部がフォントもで公開されていました。
(気がついてなくてすみません…大汗)

5文字を選ぶのに悩んだ時間が多かったなとか
これ文字?っと思いながら、観察するのは楽しい時間です。



自分が応募したれもんは、今作ろうとしているフォントとは方向性が違いますが
いろいろ考えることができた、いい機会だったと改めて思いました。m(__)m

さてと、頑張りますよー(๑•̀ㅂ•́)و✧

 
Check


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

大阪DTPの勉強部屋

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ルーペ買いました。
    やも
  • auのiPhoneに変えました。
    ヒゲ
  • 温故知新〜サマースクールを終えて(2)〜
  • 猫散歩
  • 久しぶりのスパ@名古屋
  • ぴょん
  • やけ酒ちゅ
  • 気がついたら・・・
    通りすがりのひと
  • ネットスーパー
  • うどん。
    やす

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM